どんなに歯磨きとしていても、虫歯になりやすい輩がいるということをご存知ですか?逆に歯磨きとしていなくても、虫歯になり難い輩も掛かる。誰しもが虫歯にはなりたくないもの。でもなんで、なりやすい人柄がたい輩がいるのでしょうか?これは、昔のお口の概況と言われています。子供の辺りは口の中には虫歯菌はいないそうです。アダルトと同じお箸やスプーンを使う事で虫歯菌が入れ代わり、虫歯を形作るのだとか。父兄が虫歯があったり、稼ぎが多い人のお子さんは虫歯になりやすいという事で、虫歯になりやすい「遺伝」ではないに対してなのです。受胎中にその事を伝わり、育児に活かす事例にしました。「子供達を幸せ虫歯ゼロにしてあげよう」という。まずは父兄は完全に食器会員は頂点し、産後自分自身が歯医者に定期的に通うようにしました。虫歯を作らないためです。前もって虫歯ができるお客様ではなく、銀歯などのパッキングもありません。考え方は、家内でした。家内は虫歯の稼ぎ跡で銀歯だらけ。虫歯があっても及第だったので、家内にはよ~く言い聞かせ、お子さんに当たる都合援助をさせていました。家内を可哀相に思うかもしれませんが、お子さんに虫歯を始めるよりは利口です。比較的、実験のようにもなっていました。両方のお子さんがいますが、現下、虫歯にはなっていません。小学2年生になる皆様はおやつも食べ放題、歯磨きは適当で夜間1回だけという状態ですが、虫歯一をキープしています。無論、私も定期的にチェックをし、歯科検診には3カ月おきに始める。しかし、小学生になってからは、歯磨きはそのものに任せているのですが、虫歯になっていないのは昔の救援が効いているのだと思います。少しの間の手厚い救援で、幸せ虫歯に無縁でいられるのであれば、父兄としても楽しみがあります。虫歯は病院をめぐっても治る事はありません。ひと度なったら、悪化しない様にやるだけです。父兄であるなら、思い切りならないようにしてあげたいです。スムージーって美味しくないのが多いよね。美味しく飲めるのって最高!こっそり教えちゃうね。玄米ミルクスムージーっていうのがオススメ。