ある時、前歯のどっかがしみることに気が付きました。それほど気にしておらずありのままの生活を送っていました。ある日、水を飲むと奥歯が突然痛み始めたのですぐにかかりつけの歯医者に行くことにしました。歯医者に行きレントゲンを撮ると素人が見ても分かるような黒い影が痛んでる歯に映っていました、これはおそらく、虫歯だろうと覚悟していました。
 先生が来てから診察が始まると「んん」と怪しげな声が。「やっぱりそう。」とみずから納得しはじめかなりの恐怖を抱えていました。すると突然「健康を守るための動作で健康を害してしまいましたね」と言われました。随分話を聞いていると、ひたすら虫歯対策に力を入れていた私はどうやら腕にも指にも力が入りすぎてしまい歯の表面を歯ブラシしながら削ってしまっていたとのことでした。それが原因として知覚過敏症が引き起こされてしまっていたとのことでした。原因も分かり帰ろうとすると「せっかく来たんだからもう少し」と言われ歯石を売ると「なんだこれは」と歯医者が何かを言い始めました。話を聞くと、顆粒タイプの歯磨き粉を使っていることが原因でその中においている顆粒が歯茎の中で悪さを通じてしまっているに関してでした。なんだかその話を聞いたときに、健康を守るために行ってきたことのはずなのにいつの間にか健康を害するような働きかけになってしまっていることを知りものすごくショックでした。本当の意味で健康を守ることは難しいと感じた瞬間でした。インプラントの相場を知ってから始める